休みの日に格闘技の動画を見ながら酒を嗜むための動画格納施設。ブックマークよろしくね!!

0 コメント

人それぞれの”パウンド・フォー・パウンド”

 こんばんわ、四畳半のゼウスです。最近は寒くてタマランですよね〜、寒さに耐えながらPC打ち込みしております。暖房をつけると肌が乾燥して痒くなるし、寒い時って良いこと無いよ!!無いよ!!!


 さて、今回は”パウンド・フォー・パウンド”について話したいなー。と思います。格オタならみんな大好きパウンド・フォー・パウンド!!

 そもそも、パウンド・フォー・パウンド(略:PFP、稀にP4P)とは、階級差関係なしで一番強いヤツのことを指します。例えば、RIZINのパウンド・フォー・パウンドで例えるなら一番軽い階級のバンタム級から、一番重い階級のヘビー級で誰が一番強いのか?と言うのを指すのです。

 もちろん、現実的に考えてバンタム級選手VSヘビー級選手が試合をしようものなら圧倒的な体格差でヘビー級の選手が勝つことでしょう。しかし、パウンド・フォー・パウンドの魅力は、実現しないであろう夢のカードをイメージして”想像”して”議論”する。と言う部分にあるかと思います。

 この「想像して議論する」と言うのはとても重要な部分でして、RIZINやUFCなど団体内でのパウンド・フォー・パウンドの議論だけでなく、もうすでに引退した選手を含めた過去から現在の同階級の選手の中でのパウンド・フォー・パウンドや、幅をカナリ広げてMMAからボクシングなどの格闘技全体でのパウンド・フォー・パウンドなど・・・。話したらキリがないほど出てくるのです。「想像の自由」と言う条件がある中での議論というのは、無限大!!好き者同士で話していたら酒が進むぜ!!

そして、最近ツイートでこんな内容のものを見ました。



 私は普段、RIZINを見るとき選手同士のストーリー性を重視して見ることが多く、強いだとか弱いだとか気にしていない部分が多いのですよ。う〜ん、言い方が悪いかな?決してエンターテインメントとしてだけで見ているわけではなく、選手の成長度合いとか意気込みだとか、そういう部分をスパイスとしてRIZIN ”MMA”を見ているのですよ。きっと、RIZINがランキング制度を導入していないから、そういった見方ができるのだと思いますけど。

 と、まぁ、普段はこんな感じの見方をしているので、RIZINのパウンド・フォー・パウンドBEST5について想像してみたら意外に難しいことに気づいたのですよ。新たな見方を教えてくださった「Y君」様に感謝です。

で、私的にはこんな感じになりました。


 条件の「②忖度なし。 ③推し贔屓なし。」が非常に難しくてですね、クレベル選手と朝倉未来選手とケラモフ選手と牛久選手と。。。果てしないほどの猛者が頭の中を駆け巡ってですね、リアルガチに思考停止する寸前まで想像を膨らませてました。

 とりあえず私的には、考え始めてしまったからには答えを出さねばと”条件”を決定してパウンド・フォー・パウンドを導き出しました。それは「RIZINでタイトルを取っている選手」です。まず、何かしらの実績があれば、パウンド・フォー・パウンドのランキング入りしても文句は出ないだろうという私の”想像”なのですが。。。もう一人の私が、言うんですよ「クレベルは入れなくていいのか?タイトル持ってる牛久さんはいいのか?」などなど。

とりあえず無理やり決定したBEST 5がツイートにも載っているこの方々。
①堀口恭司⇨RIZINとBellatorの2冠王者。文句なしの1位。
②サトシ・ソウザ⇨RIZIN王者、ムサエフに圧倒的な勝ち方をした。
③斉藤裕⇨元RIZIN王者、朝倉さんと1勝1敗、クレベルとは未知数。
④扇久保博正⇨地獄級のトーナメント覇者、海くんに勝利。
⑤朝倉海⇨元RIZIN王者、トーナメント準優勝

 入れたいよ、いろんな選手を!!でも、俺の考えるパウンド・フォー・パウンドってこの選手たちになるんだよなぁ。。。ぶっちゃけ「RIZINでタイトルを獲得したことのある選手の中でパウンド・フォー・パウンドBEST 5」を決めるのと同等なわけなので、当たり障りなくつまらない内容になったのではないのだろうか?と思うのだが、きっと当たり障りなくてつまらない考えの野郎がワタシなのだなぁ。と思ってみたり、みなかったり。正直、今書いていると3位がおぎちゃん、4位が海くんで5位が斉藤チャンプな気がしてみたり。。。優柔不断なワタスを許しておくれ。


 んで、他の人のパウンド・フォー・パウンドを見ると面白いわ面白いわ!!「忖度や贔屓」があってもなくても、その人のパウンド・フォー・パウンドに選ばれた選手ってのは、その人にとって興味・関心があるわけなんですよ。格オタ的に言ってみれば、その人の魂を背負っているようなものだと思うのよ。だから、人それぞれ違うんだよね。それをみていたら、なんだかウキウキして楽しくなってしまって、寝れなくなりました。。。という話でした。


でも、もし!もし、過去のRIZIN出場者でパウンド・フォー・パウンドを決めるのならコレ!!



パウンド・フォー・パウンドの想像は楽しかったよ!!では、おやすみなさい。

 

コメント

非公開コメント

ページ